日本ロレンス協会 The D. H. Lawrence Society of Japan

お問い合わせ

会長メッセージ

田部井世志子
日本ロレンス協会会長
北九州市立大学教授 田部井世志子

D・H・ロレンス(D. H. Lawrence)は、1885年に生まれ1930年に没した英国の小説家・詩人・思想家です。炭鉱夫の家庭に生まれながら、その知性と鋭敏な感受性で早くから小説を書き始め、『息子・恋人』で若くして小説家としての地位を確立しました。その後『虹』の発禁処分や第一次世界大戦などで苦しみますが、終戦後英国を飛び出し、イタリア、セイロン、オーストラリア、アメリカ合衆国、メキシコへとグローバルな旅を展開し、その体験をもとに多くの書簡や旅行記も書き残しました。

従来『息子・恋人』や『虹』、『恋する女たち』といった英国を舞台とする初期・中期小説が傑作とされてきましたが、近年では環太平洋地域を舞台とした『カンガルー』や『羽鱗の蛇』等の後期小説も再評価されています。 また、彼の随筆集である『不死鳥』シリーズには、ロレンス独自の興味深い発想がいたるところで見出せます。

最後の小説『チャタレー卿夫人の恋人』は英米及び日本でも猥褻かどうかの裁判が起こされ、そのためこの作品の作者としてロレンスの名が世に知れ渡りました。しかし、この問題作も含め、様々な価値ある作品を残したロレンスは幅と深さを有する作家で、英国の代表的な文芸批評家F・R・リーヴィスにより20世紀最大の英国小説家として称賛されました。『ユリシーズ』の作者ジェイムズ・ジョイスと並ぶ文学的巨星です。また、現在はウェストミンスター寺院の「詩人コーナー」に、イギリスの文化に貢献した文豪として記念碑が収められています。

日本ロレンス協会は1969年に設立され、現在100名の会員を擁しています。会員は英文学研究者が中心ですが、文学愛好者の方々もいらっしゃいます。毎年、各地の大学で年次大会を開催し交流を深める一方、毎年、学会誌『D. H. ロレンス研究』(1991年創刊)を刊行し、論文と書評を中心とする活気に満ちた研究成果を発表しています。私たちは、日本ロレンス協会を、学問的に有意義なだけでなく、楽しい出会いと交流の場所にしたいと思っています。当ホームページに入会方法が記されていますので、興味をお持ちの方は、ぜひご入会ください。

PAGE TOP